精油が採れるまで

​枝葉の採集

IMG_6328_edited.jpg
20200719_150257.JPG

​人工林は、人の手で手入れをしていく必要があります。

密集して生える細い木などを間引いたり(間伐)、

地面に近い枝を切り落としたり(枝払い)します。

風通しがよく、満遍なく太陽光が当たるように、

そして地面の小さい新たな生命にも光が届くように。

計画的に木を伐ることは、

健康な森を未来へ託すために大切なことです。

そうした森の手入れの過程や、

林道・宅地造成などで伐採をする場合、

多くは幹の部分を材として搬出します。

運搬の妨げにならないよう切り落とされた枝葉は、

バイオマス燃料として業者が回収したり、

一部はそのまま森へ還すことも。

LandEdgeの精油は、

こうした林業現場からの枝葉を原料につくられます。

選別・粉砕

IMG_7482_edited.jpg

集めた枝葉のうち、太い枝を手作業で除き、

先端部の細く柔らかい枝と針葉を選り分けます。

枝(チップ)も蒸留できますが、

葉の青々とした香りを出すため、

蒸留部位を選んでいます。

(除いた大枝も、薪として大事に使います)

選別した枝葉をウッドチッパーで砕き、蒸留釜へ。

​ここから蒸留作業へ移ります。

IMG_6342_edited.jpg

水蒸気蒸留

IMG_0278.PNG

〔図〕水蒸気蒸留の仕組み

IMG_6518.jpg

熱した水は水蒸気となり、原料の間を通ります。

香り成分を含んだ蒸気は、冷却器で冷やされて液体へ。

この液体から、精油(エッセンシャルオイル)と

芳香蒸留水(フローラルウォーター)を得られます。

トドマツの葉油含量は、乾葉100gあたり8mlほど

(平成30年度・林野庁調査報告より)。

1瓶(5ml)の精油を得るには、2ℓペットボトルが

いっぱいになるほどの枝葉が必要です。

​*樹齢や採取時期、生育環境などにより異なります。